cosmobloom立ち上げの裏側

こんにちは、cosmobloom 代表取締役の福永です。

cosmobloomを立ち上げるとき、意外と苦労をしたのは表で見せていない裏側の手続き的なところでした。どんな事業を展開していくのか、仲間をどうやって増やしていくのか、みなさんに知ってもらうためにはどうすればいいのか、なんていう部分は皆さんが想像しやすい検討事項かと思います。私たちの中には、会社立ち上げの経験どころか経営の経験をしているメンバーがいなかったので、そもそも会社を立ち上げるって何からすればいいのだろうと、本やネットで調べながら何とかしていきました。

色々調べると世の中はかなり便利になってきていて、私は定款作成が簡単にできるfreee会社設立というサービスを利用しました。おそらく、自力で0からやるよりは全然簡単だったのだと思うのですが、やはり初めてなので入力事項の中にはどう記載するべきなのか分からないことも多く…こう書かなければならないという絶対的な正解がないからこそ、どうしたらいいか分からなかったというのを覚えています。私たちなりに考えてみた上で、六郷BASEのIMの方に相談をさせていただき、最終的に記入事項を埋めきったわけですが、書類としての問題がないかはfreeeのサービスに用意されている有料の行政書士チェックを利用しました。

公証役場や法務局で行う手続きを一か所で済ませることが可能な東京開業ワンストップセンターという場所があり、ここで手続きすると楽だよと聞いていたのですが、行政書士の方のチェックを受けると公証役場を指定されてしまうので、こちらを利用することはできませんでした。もし、頼れる方がいない中でコストをかけれないという場合はこちらを利用することをおすすめします。

大田区では複数回の創業相談を実施することで、創業支援を受けた証明書を発行してもらえるのですが、こちらを利用すると会社設立時の登録免許税の軽減というメリットがあります。株式会社の場合は通常15万円かかるところ、証明書の提示で7.5万円になるので、絶対に利用するべきなのですが、色々と追われている中で私たちは失念していまい、金銭的な痛手を負いました。もし大田区で創業するという方がいれば、忘れずに是非利用していただきたいです。

今回はcosmobloom設立時に困ったことを振り返ってみました。実際はちょっとしたことで困ったことが色々とあったのですが、そのたびに思ったことは、いくら調べても分からないのであれば管轄の場所に直接聞いた方が早いということです。まあ当たり前なのですが、知らないことが多すぎると、調べても調べても新しいことばかりなので、とにかく情報過多になっていきます。それが良い時もあれば、目的を見失いかけて遠回りになってしまうこともあるのですが、それもやってみないと分からないことが多いですよね。初めてのことばかりで、あれもこれもとなってしまうことがあるので、改めて振り返ってみて、一度落ち着いて俯瞰した目線になってみることを心がけようと思います。

現在cosmobloomでは柔軟構造物に関する様々なご相談を受け付けております。ご希望の方はお気軽に問い合わせフォームをご利用ください。

それでは来週の土曜日にまたお会いしましょう。
福永 桃子

CTO

次の記事

構造解析ソフト?