創業1周年

こんにちは、cosmobloom 代表取締役の福永です。

前回のブログから時間が空いてしまったのですが、本日なんと創業1周年を迎えました!
あっという間な1年にも感じますが、1年前を思い出すと状況があまりにも変わっているので、しっかり1年経ったのだなと実感します。

この1年間、何をしなければならないのか、何から考え始めなければならないのか、正直整理できていないままスタートを切ってここまで来ました。いざ会社を立ち上げてみて、本当にやりたいことは何なのか、一番大事なことであり本来悩むべきところではないことではありますが、何度も悩み、メンバーと話もしてきました。

私たちが専門としている柔軟構造物は、特定の使い方に縛られておらず、色々な用途に用いることができます。HPに掲載しているように、現在はデオービット装置と膜面アンテナの開発に向けて取り組んでいますが、将来はSSPS(宇宙太陽光発電)やスターシェードのような実現困難な構造物を目指していきたいです。高い目標のためには、急にジャンプするのではなく、ホップしてステップしてジャンプする必要があると思っています。私の中ではホップがデオービット装置、ステップが膜面アンテナです。ホップステップがただの技術開発の過程ではなく、それぞれ意味をもったプロダクトとなるので、ここは確実に成し遂げていきたいと思います。

そして、このホップステップをまず実現させていくために、多くの製造事業者の方々とお話をさせていただいてきたのですが、新しいことに一緒に挑戦しようと意欲をもってくださる方々と出会うことができ、本当に感謝しております。物をつくること、完成した物でサービスを提供すること、これらはcosmobloomだけでは出来ないことです。上段にも記したように、柔軟構造物は色々な用途に用いられるので、開発するものに応じて「cosmobloom×〇〇」と多様な共創を生みだしていくことができます。これまでの出会いもこれからの出会いも大切に、2年目もメンバーで力を合わせて走っていきたいと思います。

最後ではございますが、昨年度開始したクラウドファンディングが残り1か月を切ってしまいました。皆様には何度か宣伝をさせていただいているのですが、1周年おめでとうという気持ちでご支援いただけますと幸いです。デオービット装置へのお名前掲載おすすめです!ぜひお待ちしております!

現在cosmobloomでは柔軟構造物に関する様々なご相談を受け付けております。ご希望の方はお気軽に問い合わせフォームをご利用ください。

福永 桃子

CTO

前の記事

柔軟展開構造物の設計