SaaSのプロトタイプ開発に取り掛かりました

こんにちは.

今日は日曜日ですね.曇り空でジメジメした感じが夏っぽさを感じさせてくれますね.

今週はSaaS型解析サービスの機能検証として,プロトタイプの開発に取り掛かっていました.少しずつですが,サービス提供のために進んでいると思います.SaaSとして検証すべき項目としては様々なものがありますが,1つずつ,事実を積み上げてゆきたいと思っています.

さて,柔軟構造の解析は,いわゆる,有限要素法に基づいて行われます.解析モデルが結果に大きな影響を与えるので,「解析しやすいモデル」をいかにして作るか,作りやすくするか,がSaaS化の上で非常に重要なポイントと考えています.

有限要素法に基づいた解析は,ある物体をいくつかの細かい要素に分けて計算するので力の釣り合いを求める際にはその要素の数だけ計算することになり,節点自由度の数だけ力の釣り合い式を解くことになります.動解析の場合はさらに,時間ステップの数だけ力の釣り合いを解くことになります.つまり,解析モデルが細かすぎると,それだけ解析に時間がかかってしまいます.

したがいまして,「解析しやすいモデル」は,「それなりに大雑把だけども期待する運動を再現できる形」と言えます.なんだか職人技のような感覚ですね.この職人技のようなものを,誰もが再現できるようなSaaSとしてサービスをリリースすることができるよう,日々を積み重ねていきたいと思います.

最後に宣伝です.弊社のサービスとして,柔軟構造物の設計や解析受託業務をスタートしております.お問い合わせフォームをご用意しておりますので,小さなご相談でもお気軽にご相談ください.お待ちしております.

それでは.また来週お会いしましょう.

株式会社cosmobloom
小野弘幸

CEO

前の記事

時間の流れを早く感じます
CTO

次の記事

構造保存型解法